Sharezメディアの新着記事はこちら!

短期ダイエットジムに通った後に、リバウンドしない方法

目次

・短期ダイエットジムの流行。
・短期ダイエットジムを終えた後、リバウンドする原因とは。
・出来上がったカラダは貯金できない。
・短期ダイエットジムを終えた方がすべきこと。
・短期ダイエットジムは習慣化に向かない。
・頑張れば頑張るほどリバウンドのリスクを伴う。

短期ダイエットジムの流行。

今、短期ダイエットジムが流行っている。大手を挙げると「RIZAP」「24/7workout」「エススリー」「Shapes」など。

これだけ短期間に店舗数が爆発的に増え、CMもたくさん打たれ、特に都心では、流行っていると言って過言ではないだろう。

しかし、その後「やめた後、リバウンドした」という話も同時に「流行っている。」

さぁ、この問題にどう立ち向かうか。
まずはなぜリバウンドしたか、その原因を検証していこう。

短期ダイエットジムを終えた後、リバウンドする原因とは

まずは短期ダイエットジムのシステムから振り返ってみよう。

  • およそ2ヶ月
  • 週2回60分程度のパーソナルトレーニング
  • 約30万円
  • 食事管理、報告
  • 毎回体重を測定
  • ビフォアフターの撮影

ざっくりこういったシステムだ。

まず、専門家の立場から見て、この項目をコンプリートすれば痩せない人はほとんどいない。
(もちろん、メディカル的な問題などで例外はあるが)

出来上がったカラダは貯金できない

ところが、カラダ、ないしは筋肉とは「貯金」できるものではなく、運動を中止したり、食事コントロールを外せば、徐々に元に戻っていってしまう。

つまり、短期ダイエットジムでの結果を、継続的に出そうと思った場合、食事の取り方は変わる可能性はあるが、引き続き食事コントロールを行い、トレーニングはどんどんレベルアップさせていかねばならない。

また、維持する、キープするとしても、それなりに食事に気をつけ、運動は継続しなければいけないのだ。

「リバウンドする原因は?」
という質問に対しては、
短期ダイエットジムで作り上げたカラダを維持、継続できる、
「運動と食事が行われていない」からである。
リバウンドしてしまった人は胸に手を当てて振り返ってほしい。

短期ダイエットジムを終えた方がすべきこと

それは、
適切な運動と食事コントロールを継続する

ことだ。
我々のジムでは、まさにそれを目指している。

僕のお客様を例にあげてみよう。長い方は6年目。短い方でも1年以上、週1回、週2回の定期的なトレーニングを実践している。

食事に関しては、結構緩めである。

飲み会では、多少気をつけながらもお酒も飲み、食事も楽しめる範囲で気をつけているレベルだ。

皆、バキバキではないが、健康的でトレーニングレベルも少しずつ向上している。

半年前。

半年後。

もっと気をつければグッと痩せるのだろうが、敢えて頑張らないし、頑張らせない。

頑張っている時点で継続する事はイージーではなくなる。

習慣化する上で、無理をする事は絶対にNGだ。

無理をして、今も継続しているものってあるだろうか。

短期ダイエットジムは習慣化に向かない

無理しすぎず、適度に努力する。これが積み重ねであり、習慣化していくポイントだ。

良いカラダを作り、習慣化し、維持していきたい人はもう一度考えてみよう。

短期ダイエットジムが最短ルートなのだろうか。

逆に、リバウンドしない人はどんなひとなのだろう。

  • カラダ作りに対して異常にモチベーションが高い
  • 日頃からカラダを動かす習慣がある
  • トレーニング自体にハマっている

こんな人だろう。

「トレーニングをして、カラダが変わり、モテ始めた!」

なんて人は、「モテる」という動機付けによって、カラダ作りに対して異常にモチベーションが高くなるので、カラダを維持、向上できる可能性が高い。

消防士や引っ越し屋、フィットネス業界など日頃からカラダを動かすタイプの人も、適度な運動が保たれる為、カラダを維持、向上できる可能性は高い。

トレーニング自体にハマり、「絶対に、○○kg挙げる!」などと言い出した場合も、ハードトレーニングを行うだろうから、カラダを維持、向上できる可能性が高い。

頑張れば頑張るほど、リバウンドのリスクを伴う

最後に、重要なことを。

もし、あなたが短期ダイエットジムに行くのであれば、頑張れば頑張るほど、リバウンドのリスクを背負うことを覚悟してほしい。

それくらいでなければ、お金と時間、努力を無駄にしてしまう可能性がある。

僕は頑張る人を応援したい。
だから、頑張らせすぎない。

お客様には基本的に、
「ジムに来た時のトレーニングだけは頑張ってください!」
と伝えている。

ほとんどの方がジム以外でまともに運動していない。

これは正解、不正解ではないが、僕のお客様に対するスタイルだ。