Sharezメディアの新着記事はこちら!

数値で見るフィットネス「RIZAP」~前編~

こんにちは。Shibuya Fitness Sharez代表の岡崎秀哉です。

フィットネス業界って何となく盛り上がっている感じがするけど、実際どうなの?って事で数値を用いて分析していこうと思います。

今回のテーマはわかりやすく「RIZAP」。
上場企業でもあり、様々なデータが公開されている為、参考にしやすいです。
あくまで個人の見解なので悪しからず。

RIZAPの数値

まずはネットで情報を調査

調べた限り、こちらが現時点で発表されている最新の内容でした。
参考 RIZAPグループ連結決算ハイライト

しかし、RIZAP社はM&Aなども多く行っており、多角経営企業になっているので、ジム単体の事業規模が見えにくくなっています。上記の記事などを参考に、ジム単体の内容を掘り下げてみたいと思います。

売上関連

2017年3月期の決算時には総会員数が7万人を突破。2018年3月期の発表では総会員数10万人を突破したとあります。
つまり、2017年度の新規入会者は約3万人と推測できます。2016年は入会者約2万人との事なので確実に増えていますね。

また、LTV(ライフタイムバリュー)は2013年の1.7倍になっているとの事。
2013年はRIZAP立ち上げ当初なので恐らくLTVは高くないと想定し、当時のLTVを約35万円(入会金¥50,000+プログラム料金¥298,000)とします。

2017年には、その1.7倍になっているとの事なので、LTV約35万円×1.7=LTV約60万円。
2017年の新規入会による売上は、LTV約60万円×3万人=約180億。

次に、継続顧客の売上を考えてみます。
記事では、BMPプラン(月額3万円)という1年間の継続プランの申し込みが新規入会者のうち80%であると発表されています。

2016年は入会者2万人。その80%がBMP1年(継続プラン)を申し込んだとすると、
2万人×80%×3万円×12ヶ月=約58億。

その他にも、物販売上、割賦の金利益などがあります。
以前東洋経済の記事にて物販売上は月間3億以上であると記載されてありました。
これを年間約40億円と仮定します。

新規入会者売上、継続会員売上、物販売上と、恐らく多くを占めている売上を合計すると、約300億程度ではないかと思います。

経費関連

次に経費面を見てみましょう。

また別記事にて、広告宣伝費は売上対比で約40%との記載がありましたので、約300億円×40%=約120億円と推測できます。
余談ですが、カウンセリングからの入会率は80%と発表されているので、これだけ投資する価値はあると思います。

2015年の発表の中で、経費それぞれの対売上%を公表していました。
地代家賃5%=15億円、水道光熱費1%=3億円、設備維持費1%=3億円、店舗減価償却費1%=3億円。
合計すると、約25億円。

その他に多くを占めそうなのが人件費。
1000名のトレーナーを社員化という発表もあったので、給与Av400万円とすると、400万円×1000人=40億円。

また、2015年の発表では、人件費は売上に対して約20%である、という数値が出ていたので、約60億円と推測。
トレーナー40億円、その他運営メンバー、幹部メンバー等で約20億円。トータル60億円という事でしょう。

他には物販などの仕入れコスト、採用コスト、研修費、先行投資などあるが、記事によると先行投資が約40億円とある。

利益関連

諸々含めると、
売上300億円-経費(120億円+25億円+60億円+40億円)=利益50億円ほどと推測できる。

売上300億、利益50億となると、かなりスゴイ。
まさに成功しているとしか言えない数字ではないだろうか。

以上、今回は「RIZAP」をテーマにフィットネス業界を数字で分析していきました。
もし、分析してほしいテーマがあればご連絡ください。頑張って分析します(笑)

2018/09/08追記
RIZAP会員の構成比率、広告宣伝費、RIZAPの課題などをまとめた『数値で見るフィットネス「RIZAP」~後編~』はこちらです↓
数値で見るフィットネス「RIZAP」~後編~