Sharezメディアの新着記事はこちら!

アーティストが実践するトレーニングとは

ライブ風景

アーティストが何故トレーニング

トレーニングと聞くと連想するのは体をテカテカに光らせれ微笑みながらポーズを決めている筋骨隆々な人をだと思います。


では何故アーティストがトレーニングを行うのかというところ。

答えは2つ
1つは見た目
2つめはパフォーマンスアップ
この二つのためにトレーニングを行うのです。
ではトレーニングが2つの要素を向上させて行くか解説していきましょう。

姿勢とパフォーマンスの関係

アーティストはライブステージだけが勝負の場所ではありません。メディアに出ることも仕事です。
キャラにもよりますが見られること、憧れられることがアーティストの仕事です。
憧れられることが仕事なわけでその一つの要素はみため。
印象はとても大切になる。

アーティストは当たり前であるが、声もとても大切になってくる。
長時間のパフォーマンスで発声をしつづけたり、踊りながらの発声様々な場面での発声にも対応できる能力が必要になってくる。

1見た目 2発声 この二つの要素を向上させるのに必要なことは「姿勢」「筋力」である。

姿勢というのも曖昧な表現になってしまうが、見られるための姿勢
発声するための姿勢この二つを向上させるためには「歌の練習」をしているだけでは達成できない。

トレーニングと姿勢

姿勢とパフォーマンスの関係で話したようにアーティストにとって姿勢というのは1つのキーワードになってくる。

その姿勢をより質の高いものにするためには「トレーニング」が必要不可欠になってくる。

身体は面白いもので「状況に適応」するようにできている。

筋トレで重いものを扱うようになれば、身体は「この身体では重いものを扱えない」と感知し、いつしかその重りに適応するよう筋肉がつく。

この身体の機能を利用し、筋トレで姿勢をより「アーティストのパフォーマンス」という点で見た時により良い状態にカスタマイズしていく。

アーティストのトレーニングで欠かせない事とは

見た目、発声の為にもアーティストはトレーニングが欠かせない。
アーティストのトレーニングの一つのキーワードは「姿勢」
発声をするにしても、良い見た目にするにしても私達人間の体の軸となる背骨や骨盤のポジションは姿勢に大きな影響を与える。

骨盤の角度により背骨の湾曲、一言で言えば姿勢が変わってくるのがわかります。
ゆるゆるの土台の上にタワーマンションを建てたら傾きますよね。
建築と同じで土台が大事という事です。

土台づくりの時に重要なのは環境の調査です。
どんな地盤をしているのか?
体で言えば「柔軟性」などが当てはまります。
このように体の環境をしっかりと把握した上で土台作りをしていくことがアーティストのトレーニングでは欠かすことができません。