Sharezメディアの新着記事はこちら!

ウィンタースポーツはダイエットに効果的?

スキー

こんにちは。渋谷の個性派パーソナルトレーナー集団「Shibuya Fitness Sharez」の桂川晃尚です。私は、2016年8月末に地元の飛騨高山より上京し、トレーナーとして一人前になるために多くのことを勉強しています。

皆さんは、冬のスポーツといえば何を思い浮かべますか?
スキーやスノーボード、アイススケートなどがあるかと思います。私の地元の飛騨高山では、雪が降り積もると、雪上サッカーや雪合戦などで体を動かしました。このように、体を動かすことによって、私たちはカロリーを消費しています。

では、どのくらいのカロリーが消費され、どのような効果があるのか?
今回は、「METs(メッツ)」を用いて消費カロリーを求め、冬に体を動かすといい理由を述べていきます。

METs(メッツ)とは?

METs(メッツ)は、「Metabolic equivalents」の略であり、身体活動の強度を示す単位です。そして、その活動が安静時の何倍に相当する値なのかを表します。

安静時とは、「横になる」や「座る」などことをいい、この状態を「1METs」と表します。
では、日常の身体活動や運動はどのくらいのMETsとなるのかを、下記にまとめました。

METsの値と活動内容の関係

  • 2.0-2.9METs:料理、釣り、ヨガ、ストレッチなど
  • 3.0-3.9METs:散歩、ボーリング、トランポリンなど
  • 4.0-4.9METs:介護、ゴルフ、バトミントンなど
  • 5.0-5.9METs:自転車、野球、ソフトボールなど
  • 6.0-6.9METs:レジスタンストレーニング、バレーボール、ランニングなど
  • 7.0-7.9METs:スキー、山登りなど
  • 8.0-8.9METs:腹筋や懸垂など(きつい強度)

※速度や強度、時間によってMETsは変わるため、参考までに。

上記より、ゴルフや野球、レジスタンストレーニングよりもスキーのMETsが高いことがわかります。

METsを用いて消費カロリーを計算

消費カロリー

上記のMETsの値を使って、活動のエネルギー消費を算出することができます。

消費カロリー(kcal) = METs × 活動時間(時間) × 体重(kg) × 1.05

この計算式を用いることで、簡易的に消費カロリーを求めることができます。
実際に例を挙げて計算してみます。

例1:Aさんの体重は60kgで、ウェイトトレーニング(6METs)を1時間行った場合

消費カロリー = 6METs × 1.0(時間) × 60(kg) × 1.05 = 378.0(kcal)

例2:Bさんの体重は60kgで、スキー(7METs)を1時間行った場合

消費カロリー = 7METs × 1.0(時間) × 60(kg) × 1.05 = 441(kcal)

例1と例2より、METsの数値が1違うだけでも消費カロリーが大きく変わってくることがわかります。

冬こそ体を動かす

エネルギー

冬は、寒さでなかなか家の中から出られない人、ヒーターやこたつに篭って出てこれない人が多いかと思います。暖かくなってから運動始めようと思って、だらだら生活しているといつの間にかその生活に慣れてしまい、結局運動もできず太ってしまうケースが多いですね。

ここでは、冬こそ体を動かすべき理由を述べたいと思います。実は、冬の寒い時期の方が、基礎代謝量がアップします。人は、気温が低いところにいると、体温を保つために多くのエネルギー量を発します。

1日の消費カロリーは、基礎代謝量と1日の活動量によって構成されます。つまりは、冬に体を動かすことで、基礎代謝量と活動量を増やすことができ、1日の消費カロリーが大幅にアップします。また、消費カロリーが増えることで、ダイエットにも繋がります。

まとめ

  1. METsは、身体活動の強度を示す単位である。
  2. METsを用いることでエネルギー消費を算出することができる。
  3. 寒いところでは、基礎代謝が上がり、体を動かすことでより消費カロリーを増やすことができる。

寒さに負けず、体を動かすことが、結果として痩せることにも繋がります。また、スキーやスノーボードなどの冬ならではのスポーツも楽しめるので、一石二鳥ですね。

ただ、いきなり行うと怪我につながりますので、ストレッチや事前にトレーニングして筋力作りすることをおすすめします。