Sharezメディアの新着記事はこちら!

タレントと素人の身体つくりに対する意識の差は何か

モデル

アーティスト、タレントのボディメイク、パフォーマンスUPの為のトレーニングを専門としています。トレーナーの山岸慎です。
ドラマに向けて、ライブに向けてなどタレント達のサポートをしています。

タレント達の様なボディラインを手に入れるためには、どのようにしていけば良いのか。
今回はタレントと素人の差というタイトルで話をさせて頂きます。


ここでいうタレントは「テレビ」「雑誌」「舞台」などで活躍している人たちの事をさすことにします。
雑誌やテレビで活躍するタレントをみて「細いな!!」「綺麗な身体のラインだな」と感じる方も多いと思います。
タレントは皆さんと全く同じ人間です。ではそのスタイルやボディラインの差はどのようにできているのか?

目次

1.タレントは身体つくりで何をしているのか
2.元は皆素人だった
3.タレントと素人の差は何か

1.タレントは身体つくりで何をしているのか

タレントの中で身体つくりを何も行なっていない人はとても少ないのではないでしょうか?
ほぼ全てのタレントが「運動」「食事」どちらか、または両方を意識しているでしょう。

ではそのタレントはどのような「運動」そして「食事」をしているのか。
今回は僕のお客様で映画やドラマで主役など行なう男女の俳優について話していきます。

【俳優】
週2~3
1時間 トレーニング
月に合計9~12時間のウエイトトレーニング
継続年数 2年半【7/18 現在】

【女優】
ウエイトトレーニング 週1
ヨガorスパ 週1
月に合計 8時間
継続年数 1年【7/18 現在】

撮影や収録の合間、仕事の前後に時間を確保して欠かさず運動をするようにしている。
俳優さん、女優さん共に共通しているのが運動を習慣化していること。
習慣化していない方たちはやはり体型はやっていない頃と同じような体型にもどっていく。

瞬間風速的に身体つくりをおこなっているのではなく常に「土台」をつくっている。 役柄によって「痩せてる」「太っている」「筋肉質」など様々だが普段からトレーニングを習慣化している事によって身体を自在にコントロールできる状態を維持している。

どのようなトレーニングを行っているか。そこはとてもシンプルで正しい姿勢で、適切な負荷をかけ、適切な栄養を心がける。
いたって当たり前の事を継続しているだけです。

たまにはケーキもお酒も好きなだけ飲んだり、食べたりしますがやはり継続しているからこそスタイルを変えるようなダメージはおこりません。
もし起こってもすぐに戻せる「土台」があるため調整できてしまいます。

タレントは身体つくりで何をしているか。
答えは「継続」しているという事です。

2.元は皆素人だった

タレントも産まれた時から抜群のスタイルであった訳ではありません。
どこかのタイミングで「変化」を起こし正しい努力の方向で「継続」しているのです。

僕が担当している俳優さんも、ドラマである配役をきっかけに本格的にパーソナルトレーニングをスタートさせました。
元はかなり細く175cmで55キロほどのかなり細身の体型でした。

継続して行っていく過程で現在は64キロ。見た目からマッチョというような感じではないが 薄着になればかなり筋肉質な感じになり、いろいろな役にも適応しやすい体型になった。

本人の演技力がとても素晴らしい事もあり、鍛えた身体もより高評価のポイントになりました。
それ以降肉体美を披露する役柄など、トレーニングが演技の幅を広げるきっかけにもなっています。

もともとは皆さんと同じような体型でもタレントの様な身体になる事は可能です。

3.タレントと素人の差は何か

自分自身の身体と向き合う時間の差だと身近にいてとても感じます。
皆さんはどの様な時に自分の身体を考えますか?
「来週海に行く!」「友達の結婚式来月だ!」などではないでしょうか?

常に意識するのは難しいと思いますが、頻度を増やすのはとても大切。
朝晩鏡でチェックするなど気にする機会を増やす事が第一歩でしょうか?
タレントは食事、トレーニング、プライベート、仕事、生活しているなかで圧倒的にどうなりたいか?を意識している。

この意識の差が見た目を大きく変化させている。
意識さえできれば、多くの人がタレントのような身体になれる。
そしてこれからその道を目指している多くの方も可能性を広げるために身体つくりは必須。

意識、継続この2つが大きな差ではないかと思う。