Sharezメディアの新着記事はこちら!

女性に人気の野菜!ホクホクの食感がたまらない「かぼちゃ」の豆知識

かぼちゃの豆知識

皆さんこんにちは、Shibuya Fitness Sharezの美食モンスターこと山本克弥です。

毎週金曜更新で、いろんな食べ物のカロリーや栄養素であったり、摂取タイミングなど、「食の豆知識」について紹介しています!

おいしいものを食べて栄養が摂れたら嬉しいですよね!

ということで今回は、特に女性に人気の野菜!ホクホクの食感がたまらない……、「かぼちゃ」の豆知識のご紹介です!

かぼちゃとは?

ポルトガル人が「カンボジア」からもたらしたことから、かぼちゃと名前がついたそうです。

日本にあるかぼちゃは、「日本かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」「西洋かぼちゃ」の3種類です。

かぼちゃの栄養と効能

  • βカロテン: 老化・病気を予防、成長促進
  • ビタミンC: 免疫力の向上、美肌効果、ストレスをやらげる
  • ビタミンB1: 糖質の代謝、頭の回転を良くする、心の安定を保つ
  • ビタミンB2: 皮膚や粘膜を健康に保つ、生活習慣病の予防
  • 食物繊維: 生活習慣病予防、便秘解消効果
  • ビタミンE: 肩こり・冷え性の予防、老化防止

かぼちゃの種の栄養と効能

  • リノール酸: コレステロールを下げる※取りすぎには注意
  • ミネラル: 体力増強
  • リグナン類: 女性の排尿障害を軽減、前立腺肥大を抑制

かぼちゃ豆知識

かぼちゃが「妊婦さんによくない」といわれてます。かぼちゃにはビタミンAが含まれていて、このビタミンAを摂りすぎるとお腹の赤ちゃんによくないと考えられています。

かぼちゃに含まれているβカロテンは、体内に入るとビタミンAに変換され、必要でない分は排出されるので通常の量を食べるのは問題ないですが、どの食べ物もそうですが偏った食事や過剰摂取には注意してください!

まとめ

かぼちゃは実だけではなく皮や種にまで栄養が豊富です!

かぼちゃは和食だけではなく、洋食や中華料理などでも使われる食材です。いろいろなアレンジをしてかぼちゃを楽しみましょう!

ぜひお試しあれっ!