サラリーマンこそ筋トレすべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
サラリーマンこそ筋トレしよう

以前、「経営者こそ筋トレすべき理由」という記事を書いた。
今回はサラリーマンこそ筋トレすべき理由について書こうと思う。

とある調査によると、
「サラリーマンが抱える悩みランキング」上位はコチラ。


1位  職場の人間関係・コミュニケーション
2位  給料が安い
3位  心の健康(鬱など)
4位  家族関係
5位  仕事がおもしろくない
6位  結婚
7位  将来が不安
8位  体の健康
9位  時間が無い
10位 依存(アルコール・タバコ)

順位の違いはあれど、確かに多くのサラリーマンが抱えていそうな問題ばかりだ。

一つ一つ解決の糸口を考えてみよう。

職場の人間関係・コミュニケーション

人間関係

これは誰もが抱える問題であろう。
まず、これらが改善する事で得られるメリットについて考えてみよう。

  • 情報共有がしっかりされる
  • 無駄なコミュニケーション、ミスが減る
  • 風通しが良くなり、雰囲気が良くなる
  • 普段話をしない人や他の部署との連携が取りやすくなる
  • 一人で考えすぎず、アドバイスし合える環境が出来る
  • 誰とコミュニケーションが取れていないか明確になる
  • 会社のビジョンが伝わりやすくなる
  • 会議での発言がしやすくなり、結論が出やすくなる

といった具合だ。
では、筋トレで何が改善するのだろう。

  • ハングリー、ストイックに自分を追い込むマインド
  • 筋トレする時間を捻出するタイムマネージメント
  • 筋トレによって得た、良いカラダと強靭なメンタル
  • ここ一番の集中力
  • カラダを気遣った食生活
  • 筋トレによって得た美しい姿勢
  • 以前のカラダからの変化による自信

まず本人が得られるものはこんなところ。
では周りはどう見るであろう。

  • やる時はやるという「信頼」
  • ストイックな取り組みに対する「尊敬」
  • 健康に気を使う「安心」
  • 言ったことはやるという「責任」
  • コツコツ続ける「信念」

こんな風に周りは感じてくれるのではないだろうか。
人間関係、コミュニケーションも良くならないはずがないだろう。

その悩み、ダンベルに相談してみよう。

給料が安い

給料が安い

上記に書いたような筋トレによって自身に得られるもの、周りが感じるものを持ってすれば、仕事の依頼は増えるだろう。
そして、それをこなす集中力、我慢強さ、体力を持ち合わせている。
給料が上がる可能性も高いのではないだろうか。

よって、その給料、自分のカラダに投資してみよう。まさに自己投資。

心の健康(鬱など)

心の健康

これは筋トレが大いに役に立つ可能性が高い。
筋トレ時に放出される

  • ドーパミン
  • セロトニン
  • βエンドルフィン
  • アドレナリン
  • テストステロン
  • ノルアドレナリン

などの神経伝達物質、ホルモンは、自己コントロール、注意力を高める、リラックス、想像力を養う、やる気が高める、などの効果があり、非常に人の心にとってポジティブに働く。

心の状態が不安な時は、飲みに行くんじゃなくジムに行こう。

家族関係

これは人間関係、コミュニケーションと同じ内容で解決可能なのではないだろうか。

ダンベルも家族の仲間に。

仕事がおもしろくない

仕事がつまらない

面白い仕事ばかりではない。でもそれもこなしていくのがサラリーマンという部分もあるだろう。

筋トレも一緒だ。

好きなトレーニングばかり行なっていても、良いカラダにはなれない。
気分が乗らないからと言って、休んでいても良いカラダにはなれない。
例え、面白くなくてもこなしていく。そしてその結果を持って、信頼を勝ち取る。それから、少しずつ面白い仕事をとっていく。
筋トレに対して、気分が乗らない時も、好きでないトレーニングの時も、それを乗り越えてきた方であれば、仕事において、面白くないことも乗り切れるのではないだろうか。

仕事がつまらないと感じたら、早めに切り上げ筋トレしてみよう。

結婚

結婚

女性は生物学的に見ればメスである。
強い男性、生殖能力のある男性、家庭を守れる男性に惹かれるのが当然だ。
筋トレをしていない男性、筋トレをしている男性。
どちらが将来健康で家族を支えてくれる可能性が高いだろうか。

女性に恋する前に、ダンベルに恋しよう。

将来が不安

将来

これも筋トレをして健康であれば、いろいろな可能性が広がる。
しかし、筋トレをせず、不規則で、不健康な見た目だったらどうだろう。
周りからの第一印象は低下し、疾病のリスクがあれば、将来の選択肢は狭くなってしまう。
先の人生の選択肢を増やすために、健康で体力のあるカラダを。

将来のことを考える前に、手元のスマホで近くのジムを検索だ。

体の健康

これはまさに筋トレをしている方の特権だろう。

著書「ライフ・シフト」
https://www.amazon.co.jp/LIFE-SHIFT/dp/4492533877/

でも書かれているように、我々は長生きする可能性が高い。
問題はその期間を「いかに健康で生活できるか」である。
介護が必要であったり、自力で生活できない状態では、長生きしてもなかなか幸せな生活が送れないかもしれない。

夜な夜なクラブで遊ぶなら、24時間ジムで遊ぼう。

時間が無い

時間がない

まず、時間は「作るもの」だ。とあるコンサルタントの方にアドバイス頂いたのは、

  • 1日を15分に区切る=1日は94コマに分けられる
  • その96コマを、生産性のある時間=○、微妙な時間=△、非生産的な時間=×として記載

すると、1割くらいしか○にならなかったそうだ。
そして、これを3割に増やしたら人生変わりますよ、とアドバイスしているそう。
何が言いたいかというと、「無駄な時間が多い」ということ。

だから、時間は「作れる」。

また、筋トレをしている方は、時間を作るのがうまい。忙しければ忙しいほど、工夫して時間を捻出しなければいけない。だらだらしたり、人に流されている暇はないのだ。

ゆっくりして良いのは、筋トレのセット間のレスト時間だけだ。

依存(アルコール・タバコ)

酒とアルコールへの依存

これも筋トレで改善できる可能性あり。
人は少なからず、何かしらに依存しているものです。

  • 物質依存:アルコール、タバコ、食べ物、薬物
  • 行為依存:買い物、収集、仕事、携帯電話、ネットゲーム、ギャンブル
  • 関係依存:家族、恋愛、職場

アルコール依存症の人数は約80万人いると言われている中、治療を受けている患者数はわずか5万人程度しかいないそう。

依存と脳内の「報酬系」は深い関わりがある。
「報酬系」とは、心地よいことが起きた時、欲求が満たされた時に活性化し、快感を与える脳のシステムのことである。代表的なものがドーパミン。
タバコに含まれるニコチンは、摂取されると、脳に作用し、ドーパミンを分泌させる。
アルコールも摂取すると、同様の反応が起こる。
これが依存性の原因の一つ。報酬系による快感反応が欲しくなってしまう。

実は、筋トレをしても「ドーパミン」は分泌される。

ハードにカラダを追い込んでいるはずなのに、快感を感じる物質が分泌されているということ。
これにより、タバコやアルコール以外に依存せずとも、快楽を感じられるわけである。
他にも、何かを達成したりするとドーパミンは分泌が促進されたり。

口さみしい時は、タバコでもアルコールでもない。
プロテインだ。

まとめ

やはり、どうだろう?
これを読んだ方は少し筋トレしてみようかな?という気持ちになったのではないだろうか・・・
少子高齢化する日本社会を支えるのは「サラリーマン」だ。

日本のサラリーマンよ、筋トレしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事を書いたパーソナルトレーナー

このトレーナーのトレーニングを受けてみませんか?

Shibuya Fitness Sharezでは、魅力的、個性的な質の高いトレーナーが集まり活動しています。日本初の「個性を生かしたトレーナー、個性を生かしたサービス」を提供するパーソナルトレーニングジムです。

Sharezのパーソナルトレーニングに関するご相談・ご質問・ご依頼などありましたら、以下の「Sharezに問い合わせる」よりお気軽にお問い合わせください。


Sharezに問い合わせる