Sharezメディアの新着記事はこちら!

プレ花嫁のためのイベントシーズンの乗り切り方

忘年会

こんにちは。
東京・渋谷のパーソナルトレーニング専用プライベートジムFitnessSharezForWomen×ALLURA ブライダルボディデザイナーの赤坂麻里奈です。

あっという間に今年も残すところあと僅かとなりました。忘年会、クリスマス、年末年始……。例年であれば楽しみなこの時期ですが、「外食続きで太ってしまうのでは」と、憂鬱になっていませんか?
クリスマスや年明けに結婚式を控える花嫁にとってはダイエットも大詰めな時期ですが、イベントシーズン太りに悩みを抱える花嫁もたくさんいます。
今回は、その原因と対処法についてお伝えします。

イベントシーズンに太ってしまう原因と対処法

この時期に体重が増えてしまう原因は主に3つあります。

1.連日の外食

仕事の付き合い、同僚、仲の良い友達……。
知らぬ間に毎日外食の予定を入れてしまっていませんか?
外食が続くことで気付かぬうちに摂取カロリーが増え、太ってしまっていることがあります。
また、外食をすると帰りが遅くなり、睡眠不足も招きやすいです。
睡眠時間が足りず体がしっかりと休まらないと、「代謝が落ちる」「食べたものの消化がスムーズに行えない」などの影響が出て、体重も落ちづらくなってしまいます。また、レプチンの分泌量が低下し、食欲増進や甘いものへの欲求が強くなり食べて過ぎてしまう原因ともなってしまうのです。(詳しくはこちらに記載しています。
外食の予定を入れる前に、自身の1週間のスケジュールを確認し、平日は毎日外食……と言うことがないように調整を行いましょう。

2.飲酒量が多くなる

外食の増加に伴い、お酒を飲む量も多くなりがちです。

飲むことで気分が良くなりストレスの発散にもなる方もいると思いますが、基本的には体にとってアルコールは毒素です。
アルコールが体内に入ると、体はアルコールの分解を最優先項目として考え、その他の栄養素(糖質、脂肪など)に対して、何を消費し、どのようにエネルギーとして使うかを決定する調整機能、は一時的に停止してしまいます。
つまり、ダイエットしたいのに脂肪の燃焼もストップしてしまうと言うことです。
乾杯

「アルコールはエンプティカロリーだから太らない」と耳にしたことがあるかもしれませんが、これは先に述べたように体内ではアルコールの分解が優先されることから、体に蓄積されづらいと言う意味で使われています。
ですので、よく余分なカロリー(糖質)が入っていない蒸留酒がダイエットにはお勧めされますが、そもそもアルコールには脂肪合成を高める働きがありますので、やはり飲み過ぎには気をつけたいところですね。

そして、エンプティカロリーのもう一つの解釈としては、ほとんど栄養価のないカロリーと言う意味合いもあります。アルコールは肝臓で分解されますが、その際に肝臓が多くの栄養を消費するため、栄養不足を引き起こしてしまうこともあるのです。栄養不足もダイエットを成功させるためには悪影響となります。

こちらに関しては1の対処法と同様に、外食の頻度を減らすことが最も効果的です。難しい場合には、水割りお湯割り、炭酸割りのあるお酒を頼んだり、水を一緒に頼んでお酒を飲む量を減らして調整をしていきましょう。

3.食事のカロリーが普段より増えてしまう

外食の増加、そして飲酒量の増加、どちらの影響も受けやすいのが食事量・カロリー摂取量の増加です。連日、美味しいお酒とボリュームのある料理、ましてや締めのラーメンまで食べてしまっていたら体重の増加は避けられません。
女性の中には、「外食をしたら帰りにコンビニでデザートを買ってしまう」と悩む方もいらっしゃいます。こちらはアルコール摂取の影響でビタミンB群が消費され、満腹中枢が正常に働かなくなってしまっていることや、外食中の食事を気にしすぎて満足に食べられていないことが原因として考えられます。

お店でメニューを選ぶことが出来る場合は、アルコールの影響で不足しがちな体脂肪燃焼にも必要な栄養素(ビタミンB群、マグネシウム、亜鉛など)を多く含むメニュー(お刺身、枝豆、カルパッチョなど)を頼むように心がけましょう。
ダイエット食

また、食事を気にしすぎて外食後に口寂しくなってしまい暴食してしまうような場合は、外食時に炭水化物やデザートまで食べてしまっても良いでしょう。
結果的に、トータルで食べた量は少なく、食事終了の時間も早くなり、体重への影響も少なくて済みます。仮に食べ過ぎてしまった場合には、早い段階で食事の調整を行いましょう。早く取り組む程体重の戻りも早いです。

イベントシーズンを乗り切って最高の1日を

結婚式を控える花嫁にとっては不安なイベントシーズンですが、外食の頻度、お酒の量、カロリー摂取量の調整を心がければ、体重の増加なく乗り切ることも出来ます。満足のいく体で気持ち良く式当日を迎えて下さいね。

結婚式新郎新婦