Sharezメディアの新着記事はこちら!

飛騨高山が生んだ濃い目の優男トレーナー桂川晃尚対談「笑顔って素晴らしい」

皆さんこんにちは。Shibuya Fitness Sharez の美食モンスターこと、山本克弥です。

今回は「飛騨高山が生んだ濃いめの優男トレーナー」カツさんこと、桂川晃尚トレーナーにお話を伺ってきました。

カツさんのセッションは老若男女幅広い層から支持されています。そんなファンが多いカツさんに、今回インタビューをしたことをまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

カツさんは、自身の過去の経験から「トレーニングをすること、体を動かすことは大会に出るような一部の人だけのためではなく、一般の方にも必要なもの」だと気づき、バイオメカニクスを始め、栄養などトレーナーに必要不可欠な技術や知識をさらに深め、引き出しの数を増やしていきました。

また、前職や接客業のアルバイトの経験を生かして、体の悩みはもちろん、心の悩みにもしっかりとアプローチしてくれるハイブリッドトレーナーです。

僕の中でのトレーニングというものが変わった

カツさんのセッションを受けたお客様は、必ずと言って良いほど清々しい表情で笑顔でジムを出て行く。

「どんなセッションが行われているのか?」、「その笑顔はどこから生まれているのか?」とても気になる。そんな魅力いっぱいのカツさんですが、スポーツは幼い頃からしていたもののトレーニングの経験は全くなく、やり方さえ知らなかったのだと、過去の実体験について話してくださいました。

  • 自分自身もトレーニングをすることで、以前と比べて体だけでなく心も健康で元気になることを実体験して明確になったこと。
  • ボディメイクや競技力向上の為だけではなく、一般の方もトレーニングをする意味、体を動かすことの大切さを多くの人に伝えていきたい。

と、語るカツさん。

パーソナルトレーニングというと一般的には気軽に受けることはできないイメージ、キツいイメージがある。

老若男女関係なくどんな人でも気軽に受けにこれられるような空間、居場所を作りたい。「トレーニング未経験者や経験が少ししかない方の登竜門的な存在でありたい」と熱い想いを話してくださいました。

こんなチーム他にはない

  • 各トレーニングジムの活躍されているトレーナーさんが集まっててできたチームという認識もあり、そういう中に自分がいるという今の状況、環境がすごく有り難く、毎日が刺激的で楽しい。
  • それと同時に、Sharezの一員としてしっかりやっていかないといけない、足は引っ張れないと、日々成長、学びのために勉強という自分へのプレゼントの時間は欠かすことはできない。
  • サービスに満足はしたことはない。サービスには限界はないんだよ。

と、語るカツさん。

僕の周りにはそれぞれの分野に特化した素晴らしいトレーナーの方々がいる。こんな最高のチーム、刺激的で成長し続けれる環境はは他にはない。感謝しかないんだと、この部分について何度も繰り返し話してくださいました。

僕自身もインターンという短期間ではあるがSharezで学ばせてもらい別人のように人が変わったと周囲から言われる。環境は人を変えるとよく言われるけれど、こういうことなのかと感じることができた。

僕たちも日々カツさんの行動、背中を見て、毎日やらないといけないなと刺激をもらいます。どんな時でも笑顔で相談にも快くのってくださるカツさんをみていて、これが人としての部分。誰からも愛される理由なのだと思いました。

笑顔でいるって簡単そうで難しいこと。ただ、笑顔は周囲に広がり人を幸せにする。魔法の薬なのだと。

今色々なことでいっぱいいっぱいの自分にとってカツさんの笑顔はとても眩しく羨ましくも思えました。カツさんのように自分も幸せ、相手も幸せとなれるようにこれからもカツさんから多くを学ばせていただこうと思います。

まとめ

ここで紹介したことはほんの一部でしかありません。

いつも笑顔でみんなを元気にしてくれ頼りになるカツさん。

これまでの記事からでも分かるとは思いますが、「カツさんの人気の秘訣、ファンが多い理由」は、人柄や実力はもちもん、決して自分に満足はしないこと、皆んなの幸せ、笑顔のために今日より明日、明日より明後日と日々よいセッションをという姿勢にあるのかもしれませんね。自分の軸をぶらさないところすごくかっこいいです。

僕たち新メンバーも、カツさんのようにお客様の求めている姿、理想の実現のために、今日の自分に満足せずよりよいものへという初心を忘れないようにし、皆んなから信頼され、誰からも愛されるトレーナーになりたいと思いました。

カツさんの過去や現在、プライベートや名言、など、対談インタビューの様子をもっとご覧になりたい方は、ぜひYouTubeをチェックして見てください!

動画を見て何かを感じていただけたら嬉しいです。