パーソナルトレーニングの新しい形「Eco Personal」体験募集中!

メンタルフィットネストレーナーRuiの「トレーナーとしての職業」

渋谷のパーソナルトレーニングジム shibuya fitness sharezの体験

皆さんこんにちは。
Shibuya Fitness Sharez の美食モンスターこと、山本克弥です。

今回は「からだとこころのダイエットトレーナー」Ruiさんこと、内山瑠依トレーナーにお話を伺ってきました。

Ruiさんは自身の過去の経験から「こころの在り方」の重要性に気付き、心理学やコーチングを学び、からだのラインを整えながらこころのデトックスもできる、からだとこころのダイエットトレーナーです。

体を理想に近づけるトレーニングはもちろん、凝り固まった体と心を癒し、その人の本来あるべき姿に戻るための思考のトレーニング、「痩せた自分」だけでなく、その先にある「幸せな自分(人生)」が手に入るメソッドが魅力です。

スポーツの道を離れ、3DCAD、飲食店経営、家事代行サービスなど過去に様々な仕事を経験しているRuiさん。なぜ多く仕事を経験した中でパーソナルトレーナーを選んだのか、今後についてはどのように考えているのか、そんな気になることが多いRuiさんに今回インタビューをしたことをまとめてみましたので、ぜひご覧ください。


自分を変えた過去の経験

笑顔が素敵でいつも周囲をHappyにしてくださるRuiさん。そんなRuiさんですが大学時代に鬱病を経験したことを話してくださいました。

自力で鬱病から抜け出せたものの、やはり根本をどうにかしたいと思い、そこから心理学とスピリチュアルな世界を学び始めたそうです。

物事のとらえ方や考え方ひとつで、自分自身を幸せにも不幸にもできることを実体験し、明確になったこと。

それはお客様でからだになにかしらのお悩みがある方も、最終的に皆様が求めているのは「自分の幸せの形の実現」なんだよ。とRuiさんは僕に熱く伝えてくださいました。

内山瑠依

トレーナーとして活動開始して週3の休みを取りながら120本超え

ダイエット・ボディメイク専門のパーソナルトレーナーとして活動し始め、活動開始から1年で月のセッション数が120本を超えるようになったRuiさん。

Ruiさんじゃないといけない、Ruiさんがいいとお客様が口を揃えていうその理由は何なのか。その強く惹かれる部分とは何かを探ってみました。

それは「考え方、物事の捉え方」。

仕事とプライベートのバランスがとても大事というRuiさんは言う。

Ruiさん自身は週3回のお休みをとりながら120本を超えるセッション数を行い、仕事とプライベートを両方充実させていた。

自分が疲弊した状態だとお客様は満足させることはできない。全ては、お客様の幸せのため。

その先の笑顔のために私たちはいるのです。そして、この仕事は信頼関係がないと成り立たない。

お客様が安心して私に身体を預けてくださることで、初めて結果が出るのです。

「辛いことは半分に、HAPPYなことは2倍以上に♪ 私とのセッションで、今よりもさらに幸せを感じれる人になってもらいたい」とRuiさん。

そして、確かに誰もが、「痩せたい、かっこいいからだなりたい」という何かしら目標がありパーソナルを受けにきます。

ただ、それぞれ痩せてても、かっこいい身体になっても、幸せを感じれなければ意味がありません。 ただ、痩せさせる、追い込ませるがトレーナーの全てではないのです。

「なんて素敵なんだ、僕もここまでお客様のことを考え思いセッションを行いたい」ただただ、そう感じるばかりでした。

やはりこの部分に他のトレーナーさんとは大きく違う部分があるたのだと思います。

内山瑠依

まとめ

まだまだ皆さんにお伝えしたいことは山のようにありますが、書きつづけると終わりがないのでこの辺で抑えておきます。

いつも周囲に幸せ、笑顔を振りまいてくれ、元気パワーを皆んなにくれるRuiさん。

自分自身が幸せであればキラキラと輝き、自然に周りにも幸せを振りまいているのです。自分を大切にすることは、人を大切にすることにもなるんですね。

これまでの記事からでも分かるとは思いますが、Ruiさんの人気の秘訣、人を引き寄せる理由は、人柄や実力はもちもん、どんなことにも感謝を忘をし、誰かの幸せ、笑顔のために自分のことのように優しく寄り添う姿勢にあるのかもしれませんね。僕もRuiさんのこと大好きです。

僕たち新メンバーも、Ruiさんのようにお客様の本当の幸せの形の実現のために、笑顔のために自分のできることを精一杯やり、皆んなから信頼され、愛されるトレーナーになりたいと思いました。

Ruiさんの過去や現在、プライベートや名言、など、対談インタビューの様子をもっとご覧になりたい方は、ぜひYouTubeをチェックして見てください!

動画を見て何かを感じていただけたら嬉しいです。