パーソナルトレーニングの新しい形「Eco Personal」体験募集中!

【全力下り坂】No.0 「この坂もまた、実に下りたくなる坂である…」

みなさんこんにちは、飛騨高山が生んだ濃い目の優男トレーナーこと、Shibuya Fitness Sharezの桂川晃尚です。

Sharezの新メンバーが進行しているYouTubeプロジェクト。私も参画することになり、何をテーマに動画を制作していこうかと考えつつテレビを観ていたところ、ふと目に止まったのが「全力坂」という番組でした。

今回の記事では、「全力坂」という番組の魅力と、「全力下り坂」の決意表明を示したいと思います!

全力坂とは?

ご覧になったことがある方が多いかなと思いますが、「全力坂」は女優やモデル、グラビアアイドルの方々が「ただひたすら坂を走るだけ」の異色の番組です。

毎週月曜から木曜の深夜1:20より、テレビ朝日さんの放送で視聴が可能ですので、ぜひ一度ご覧ください。

「全力坂」は、番組放送が現在では2,000回を超えているほど長い歴史の番組です。

なぜ、視聴者は「全力坂」に魅了されるのか?、この点について私が考えるポイントを4つあげてみました。

まず1つ目は「毎回出演者(走者)が変わること」

自分が好きな人、応援している人が出演すると決まれば、見なきゃとなりますよね。

2つ目に「毎回走る坂が変わること」

坂によって、周りの景色や雰囲気、傾斜など様々ですので、毎回楽しめますよね。

3つ目に、「ナレーションの力無さそうな声」

走者が全力で坂を駆け上っているのに対して、ナレーションのゆっくりと力無い解説がギャップとなり、くせになります。

4つ目に、「走者が何も話さないこと」

走り終わった後、カメラが寄ってくるので、一言あるかと思いきや、カメラ目線で「ハアーハアー」という息切れした呼吸だけで終わる、ツッコミどころ満載の作りとなっています。

「全力下り坂」始動の決意

これらの4つのポイントを整理し、自分なりの1つの答えにたどり着きました。

「自分も全力で坂を走って、みなさんを魅了できるトレーナーになろう!」と。

しかし、同じような構成で撮っても面白くないので、視点を変えて撮ってみようと考えました……。

それが「全力下り坂!」

「全力坂」は、坂を駆け上る企画でしたが、坂を下るものは(YouTubeなども見ましたが)、ほとんどないかと思います。おそらく、坂道を全力で走るのは危険だからです!

そこで、私、カツが体を張って、全力で坂を下る姿を是非ご覧いただきたいです!

また、各坂を下ることで「どこの筋肉が鍛えられているか?」というトレーナー目線での解説もしていきたいと思います。

今回の内容は、YouTubeでも解説動画を公開しています。この企画への感想や「全力で下ってほしい坂」がありましたら、YouTubeのコメント欄にご記入をお願いします!

果たして、カツは無事に「全力下り坂」を制覇することができるのでしょうか?
次回作もお楽しみに!