そのダイエットいっそのことやめてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ダイエット失敗

こんにちは。Sharezトレーナーの鈴木雅哉です。

前回はパーソナルトレーニングで結果を出す人と出せない人の差と、結果を出すための方法をお伝えしましたが、今回は結果を出す人に共通する心の部分をお伝えしていきたいと思います。

前記事でも少し触れましたがパーソナルトレーニングで結果を出す人の共通点に、「小さな変化を楽しめていること」、「目標に向けて日々積み重ねられていること」が挙げられます。

ダイエット成功は、「やり方」ではなく、心の「あり方」に大きく左右されます。心の「あり方」とはどういうことかというと、今行なっている〇〇ダイエットや糖質制限、スムージー、ファスティング、筋トレ、有酸素運動、エステに行くことなど、どんな「やり方」でもいいのですが、

  • それが義務感になってないか?
  • 苦しくないか?
  • 自分の体が変化することを楽しめているか?

と、心がどのように感じているかということです。これらを改めて1度感じ直してみてください。特に、「変化を楽しんでいる感覚」がとても大切です。

もちろん節制し、その間辛くても目標をクリアした時の達成感もあると思います。しかし、その辛さがポジティブなストレスであればいいのですが、ネガティブなストレスの場合は、自律神経はリラックスのできない交感神経優位となり、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが分泌され、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの抑制が起こってきます。セロトニンの減少は食欲の増大や血糖値のコントロールの不良などを招き、他にも睡眠が浅い、睡眠の質が悪いことによる代謝の低下をもたらし痩せづらい体質へと導きます。

繰り返しますが、痩せようと頑張ったのに痩せづらい体質になってきます。それでは元も子もないですよね。そのため、ダイエットを成功するためには、心の「あり方」から見直してみましょう。

ダイエットに成功している人は、今現在行なっているトレーニングや食事内容が、「これが普通!」というところまで落とし込めていて、特別に思っていないことが多いように感じています。それはやはり「自分の体が変化することを楽しめているか?いないか?」という部分がとても影響していると思います。何故なら、楽しめていたら自然と行動が伴って、無理をしていないからです。

なので、もしあなたが今行なっているダイエットやボディメイクが楽しめていない場合は、もしかしたら目標設定が間違っているかもしれません。厳しくいうと「変わった自分を本気で求めていない」と言えるかもしれません。その場合はダイエットは辛いものになるのでやらなくていいと思います。

まとめ

「ダイエットをいっそのことやめてみる」と提案した理由

  1. ダイエット成功者は日々の食事や運動がダイエットをしているつもりがなく、勝手にダイエットとなっているため、そもそもダイエットをしていないから。
  2. ダイエットで変わった自分を本気で求めていないため、辛い気持ちでする必要がないから。

最後は少し厳しくなりましたが、それでもやはり自分はダイエットしたいという方は一度パーソナルトレーニングの体験をお勧めします。カウンセリングを通じて目標設定、問題点の抽出、具体的なメニューの提案をさせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事を書いたパーソナルトレーナー

このトレーナーのトレーニングを受けてみませんか?

Shibuya Fitness Sharezでは、魅力的、個性的な質の高いトレーナーが集まり活動しています。日本初の「個性を生かしたトレーナー、個性を生かしたサービス」を提供するパーソナルトレーニングジムです。

Sharezのパーソナルトレーニングに関するご相談・ご質問・ご依頼などありましたら、以下の「Sharezに問い合わせる」よりお気軽にお問い合わせください。


Sharezに問い合わせる