Sharezメディアの新着記事はこちら!

ヘルシーライフの象徴ともいえる日本のソウルフード「焼き芋」の豆知識

焼き芋の豆知識

皆さんこんにちは、Shibuya Fitness Sharezの美食モンスターこと山本克弥です。

毎週金曜更新で、いろんな食べ物のカロリーや栄養素であったり、摂取タイミングなど、「食の豆知識」について紹介しています!

今回は、ヘルシーライフの象徴ともいえる日本のソウルフード……、「焼き芋」の豆知識のご紹介です!

焼き芋って?

焼いたサツマイモのことです。

「いしや~きいも~♪」のフレーズでお馴染み。

焼く前のサツマイモと比較すると

水分がなくなるので、食物繊維、カリウム、ビタミンB6、パントテン酸が増え、カルシウム、ビタミンC、ビタミンE、葉酸などが減ります。

焼き芋のカロリー

1本はおよそ200~300グラム、カロリーにして300~500キロカロリーほどです。

似たものでいうと、どんぶりご飯1杯、ケーキなどと同じくらいです。

そう考えると、結構カロリーは高いと言えます。

焼き芋の栄養

  • ビタミンB6: 髪・爪・歯などの健康保持
  • ビタミンC: 抗酸化作用、コラーゲン合成にかかわる
  • ビタミンE: 細胞の老化やコレステロールの酸化を防ぐ
  • パントテン酸: ストレス緩和
  • カリウム: むくみや高血圧の改善
  • カルシウム: 骨や歯の形成、イライラを鎮める
  • 食物繊維

皮にも栄養が!

サツマイモの皮には炭水化物、βカロテン、カルシウム、食物繊維が含まれており、「アントシアニン」「クロロゲン酸」といった抗酸化作用を持つ成分も含まれています。

さらに、古来より緩やかな下剤の効果があるとして知られる、「ヤラピン」というサツマイモ独特の成分が、皮の近くに含まれています。

生のサツマイモを輪切りにしたとき、染み出てくる乳白色の液体がそれに当たります。

サツマイモの皮を食べることで、美肌、抗酸化、便秘解消も図れるので、一緒に皮も食べましょう!

焼き芋ダイエット効果

食欲抑制効果

食物繊維が多く、水分を含むと胃や腸で膨張するため、食欲を抑制する効果が期待できます。

栄養豊富なので食事量を減らせる

焼き芋単品で多くの栄養素を摂取できるため、他の食事を減らしてもある程度栄養バランスを保つことができます。

低GI食品

血糖値が上昇する度合いを数値化したものを「GI値」といいますが、サツマイモのGI値はおよそ55です。

加えて、脂肪燃焼にかかわるクロロゲン酸(コーヒーなどに含まれるポリフェノールの一種。脂肪燃焼効果があると注目されている)が含まれており、太りにくいという点からもダイエット効果があります。

オススメの食べ方

焼き芋は、65~70℃でゆっくりと長時間焼く調理法がベストといわれています。

βアミラーゼという酵素がでんぷんを糖に分解するので、甘くて美味しい焼き芋が出来あがるので、「石焼き芋」は条件にピッタリです!

まとめ

美容に健康に!

安心していただけるおやつとして、焼き芋を取り入れてみてはいかがでしょうか?

ぜひお試しあれっ!